聞こえても難聴なんです

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ「淋しいのはアンタだけじゃない」

<<   作成日時 : 2016/06/06 15:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに更新しました。
というのも、このマンガが非常に興味深いのと同時に
もっと深く掘り下げてほしい。
マンガだからできる表現をしてほしい。
という希望も含めて、書きたいことがわんさか出てきたので…

内容には触れず簡単に説明すると、
いわゆる「雑誌の連続インタビュー記事」をそのままマンガにしたもの。
と言えば想像がつくでしょうか?
雑誌で言うインタビュアーの役割が漫画家と編集者で、インタビューを受けるのが、一般の聴覚障害者の方。
というインタビューを俯瞰の位置で見ている光景というような構成で、第三者の立ち位置で、聴覚障害のことを表現しています。
「聴覚障害」自体がテーマのマンガであること、第三者の視点で描かれていることで、今までのどんな本よりも、実感が伝わるのではないかと思います。
騒動のあったS氏のことについても、映画監督同席でのインタビューという部分が第1巻にも収められています。

きめ細かく聴覚障害のことを調べているんだな。ということが伝わってくるのですが、それでも「聞こえ」についての表現は、もっと掘り下げてほしいと思いました。
巻頭の「家庭の医学」のような解説では、音の高低も含めたデシベルの表が書かれているものの、本文では「何デシベル」という単純化された表現しか見えてきません。
たとえて言うと、直線定規のようにしか、聞こえを表現できていないんじゃないかな?と思ってしまいます。

個人的な意見であり、多少の強引さはあることは承知していますが、聞こえを表現するには、
縦軸に「デシベル」、横軸に「音の高低」、そして奥座標に「語音明瞭度」が入った3次元の「面」のグラフが必要なんだと思っています。

当たり前に聞こえている人が、その面が平面だったり、なだらかな球面で、ところどころにくぼみがあるような状態であるとすれば、相方のような感音性難聴だと、この面がくぼみどころか、穴ぼこだらけになっている。
という状態だと思います。

ひとつ相方の聞き間違えを、この「穴ぼこだらけ」というたとえを使って説明してみようと思います。

聞き間違えた言葉は「刺身」と「たき火」です。

え?そんなの聞き間違えないでしょ?と思いますか?
それが聞き間違えるんですよ。

このブログで以前も触れましたが、相方の感音性難聴では、高い音、かすれる音、子音が苦手です。

「さしみ」は【SA】【SI】【MI】です。
「たきび」は【TA】【KI】【BI】です。

子音が聞き取れない相方には、どちらも「んぁ・んぃ・mbpぃ」と聞こえます。

「さ」と「し」は、「s」が消えているので、母音しか聞こえていません。
最後の「み」は、口を閉じてから発する音ですから、「み」「び」「ぴ」のどれだかわかりません。

そう書くと、上の「さしみ」も「たきび」も【xA】【xI】【mbpI】という音になるんです。
「さ」と「し」は、子音の「S」が穴ぼこに完全に落っこちて、最後の「み」はかろうじて穴のふちに引っかかっているとでも言えばいいでしょうか?

もちろん、前後の言葉から推測しながら言葉を作るのは、当たり前に聞こえる人でも、語頭を聞き漏らしたときなど、よくあることだと思います。
そのとき、伝言ゲームをするように、前後の音からつなげて、言葉に脳内変換しているかと思います。

その伝言ゲームが、当たり前に聞こえる人は3人でゴールのところが、相方のような感音性難聴だと、10人、20人の伝言ゲームで、やっとゴールに着くわけです。
しかも制限時間は、相手の話すスピードですから、両者同じです。

聞き取りをよくする一番の方法として「ゆっくり、はっきり」と言っている理由はここにあります。
「ゆっくり」で、伝言ゲームの制限時間を緩め、「はっきり」で人数を減らせるんです。
その結果、聞き間違いを減らすことができます。


たった一つの「刺身」と「たき火」という、聞こえる人には想像しにくい聞き間違いを説明するのに、文章だと、これで足りているかどうかも自信がありません。
でも、マンガになったときに、これをどんな風に可視化できるのか?
三次元とか言わなくてもわかるようにできるんじゃないか?
と、このマンガを読んでいて感じさせられました。

まだ「聞こえる」と「聞こえない」の2択から
「聞こえる」「聞こえにくい」「聞こえない」の3択に増えただけのように感じ取られます。
S氏のドキュメンタリー映画を撮っている監督の
「聞こえるか聞こえないか、1かゼロか、という二者択一ではなくて、その間もあるということを言っておきたい。聴覚にはグラデーションがあって・・・」とコメントしています。
この「グラデーション」の部分を面として見えるようなマンガになってほしいと期待しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
聴こえにくい単語ありますよね!
本当に共感です!
私は、自然とその能力が身に付きました(笑)
わたる
2017/02/19 19:58
はじめまして。HNが似ているので、驚きました(^^)
更新がほぼ止まっていますが、一応ブログ主です。
伝えたいと思うと、おのずと話し方も変わりますよね。
それでもわからないものはわからないので、時には、言い換えたり、漢字を一文字ずつ伝えたり、いろいろやり方を変えている我が家です♪
Wata
2017/02/26 18:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マンガ「淋しいのはアンタだけじゃない」 聞こえても難聴なんです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる