聞こえても難聴なんです

アクセスカウンタ

zoom RSS 生放送と字幕放送

<<   作成日時 : 2015/01/25 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ついつい更新が途絶えがちなのですが、
時々訪れてくれる方もいるようで、本当に感謝しています。

そんな話とは今日の話題は全く結びつきませんが
我が家でTVをつける時は、たいてい「字幕放送ON」で見ています
ドラマ、バラエティ、ドキュメンタリーなど、字幕を見ながらのほうが
かえって映像に集中できる部分もあるのかな?とも感じたりします。

でも、どうしても「生放送のニュース番組」だけは字幕をオフにします
映像や話し声と全くリンクしない字幕を見るのは、
私だけでなく、相方にとっても、結果、何の情報も得られない状態となるので、
生放送は字幕オフで見ています。

とか言いつつ、そんな状態がいいと思わないからこそ、この話を書いています。

またまた唐突に話は変わりますが、
アメリカ最大のイベントである、NFLのスーパーボウルのハーフタイムショーで
ジャネット・ジャクソンがほんのり「ポロリ」をやったために、苦情殺到の上
さんざん叩かれた話題を覚えているひとはいるかと思いますが、
それ以降、スーポーボウルの中継は、生放送の数秒遅れで放映し、
何かがあったら、瞬時に画像を切り替えるべく、細心の注意を払っているそうです。

数秒遅れの生放送に何か苦情があるって話は聞いたことがありません。

そして、ラジオのスポーツ実況を想像してください。
アナウンサーの裁量で、なんでもない内野フライを少し引っ張って話していることに
何かクレームがついたという話も聞きません

話題を生放送の字幕に戻しましょう。
生放送の字幕の場合、たいてい、2テンポ。画面が次の映像に切り替わった頃に
前の話題の字幕が出ているように感じます。

それなら、最初から生放送を10秒遅れで電波に乗せることは不可能なのでしょうか?
スーパーボウルほどの中継でさえも可能な話なんだから、
当然技術的には可能でしょう。
じゃぁ、それで不利益を被る人はいるかと言えば、TVを情報源としている人の中には
いないんじゃないかと思います。
ノーカット、無編集というポリシーさえ守っていれば、10秒程度の遅れを生放送と認めない
なんて声も出てこないと思います。

デジタル放送で、時報の正確性がなくなったといって騒いでいた人も
何か影響が出たと言う話も聞いたことがありません。

それなら、字幕放送と言葉を合わせるために、放送を10秒遅らせても
誰も困らないんじゃないか?って最近思っています。

【聞こえても難聴なんです】の記事が増えたためINDEXページを作りました。
(NAVERに投稿したまとめ記事へのリンクも掲載しています)

他の記事はINDEXページから参照してください。
「聞こえても難聴なんですINDEX」
http://kilis.at.webry.info/201403/article_1.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生放送と字幕放送 聞こえても難聴なんです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる