聞こえても難聴なんです

アクセスカウンタ

zoom RSS ALSアイスバケツチャレンジ

<<   作成日時 : 2014/08/23 16:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルから、「私が挑戦した」と思われた方、すみません。
挑戦したわけではありません。

短い間に大きく広がり、チャリティとともに、「ALS」という病名が伝わったことについて、少し書いてみたくなりました。

マスコミやら、SNSやらでは、次第に「賛否両論」となっているようですが、個人的には「賛成」側の立ち位置だと思っています。
売名行為であろうが、ゲーム感覚であろうが、「チャレンジをする」と宣言し、「公開する」行為を数々の有名人が行うことがなければ、アメリカの一部の青年の中で広まって終わったことだろうと思います。
それが、世界を駆け巡るニュースになったのは、まぎれもなく「有名人の参加」であり、「彼らがバケツで氷水を浴びせられる」という行為の公開が、みんなの興味を引いたことは紛れもない事実だと思います。

武井壮さんがtwitterでつぶやいていた言葉とも通じますが、難病や障害、災害による被害、戦争による被害、感染症、支援すべきところはALSだけではないこともわかっています。

その上で、そういったところに支援をしたい人は、とことん便乗したっていいんじゃないでしょうか?
ALSに賛同して氷水をかぶって、その上で、自分の訴えも乗せて行く。
続く指名者も、また別の支援すべき場を伝えて行く。
せっかく有名になったチャレンジをALSだけに留めておくのはもったいない話です。
ALS以外の様々なところを支援している人たちが、こぞって便乗することで、いろんな難病、障害の存在自体を知ってもらえれば、それでこそ、ALSチャレンジの波及効果が産まれてきたと言う事になるのだと思います。

ブログで地道に綴っても、街頭で署名を求めても、大きな広がりを得られる機会はほぼゼロに等しいと思います。
だからこそ、「ひとつのブーム」として、一瞬で終わらせるのではなく、違う広がりを見せてくれる人が出てこないかなと、ひそかに期待しています。

ただ一つ、政治家のチャレンジだけは反対です。
政治家は、誰も水をかぶらなくても、支援団体に頼らなくても済む方法についての知恵を絞って、実行するのが仕事です。
水をかぶって笑っている暇なんて1秒たりともないと思っています。

今回の話題、難聴には全く触れていませんが、このALSから難病のつながりとして、他の病気、障害のひとつとして「難聴」にもつながってくれることを、実は何よりも期待しています。


【聞こえても難聴なんです】の記事が増えたためINDEXページを作りました。
(NAVERに投稿したまとめ記事へのリンクも掲載しています)

他の記事はINDEXページから参照してください。
「聞こえても難聴なんですINDEX」
http://kilis.at.webry.info/201403/article_1.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ALSアイスバケツチャレンジ 聞こえても難聴なんです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる