聞こえても難聴なんです

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々にポキでも

<<   作成日時 : 2013/09/15 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

数週間、バタバタした週末が続いていて、久々にのんびりとした週末を過ごしています。
ということで、ごはんも手間かけずに美味しく食べたい気分だったので、昨夜はポキ丼にしました。

画像


前にも書いたかもしれませんが、ウチの作り方を簡単に紹介してみます。

昨日はサーモンとタコの頭(こちらではタコの頭が普通に売られているんですよ)
どちらも一口サイズに切ります。

そいつを漬け込むタレですが、分量はすべて適当です。
ただ、白ワインは割と多めにした方が味が濃くなり過ぎないような感じがします。

【漬けだれの調味料】
白ワイン(たぶん1カップくらい)
オリーブオイル(もこみちなみとは言いませんが、あまりケチらず入れましょう)
しょうゆ
スイートチリソース
チリソース
ナンプラー(香りづけ程度)
刻みネギ

白ワインはカルロロッシぐらいの値段のもので十分です。
チリソースのかわりにバリ島などで使うサンバルソースを使う事もありますが、サンバルはとっても辛いので、加減して入れないととんでもないことになります。
チリソースとスイートチリソースなら、適当に入れても、ほどよい辛みと甘みがつくので、こちらの方が楽ですね。
(そもそも一般家庭にサンバルソースはないだろうと言うツッコミは受け付けませんw)

使うお刺身がマグロやカツオのときは、白ワインの代わりに日本酒を使う事もあります。
その時は、オリーブオイルがゴマ油に変わります。

ボウルで漬けダレを作り、その中にお刺身を入れて、ラップをかけて冷蔵庫で1〜2時間ってところで食べごろです。

あと、最近覚えた、仕上げのガーリックオイルの作り方

スライスしたにんにく:2〜3かけ分
オリーブオイル:大さじ2〜3杯

これをちょっと深い皿に入れてラップをして、レンジで加熱(我が家では60度〜70度くらいに設定して加熱)
ちょっと冷めたかな?と思ったころに再加熱。
その後はラップをかけたまま、1〜2時間放置
さて、ポキを食べるぞ〜。って時に、更のオリーブオイルとにんにくを全部フライパンに入れて、低温でじっくり5分ぐらい加熱すると、いい香りのガーリックオイルと、スライスにんにくが出来上がります。
加熱時間を長くすれば、ガーリックチップになるのですが、ここのタイミングはまだつかみ切れていません。
昨日は待ちきれなくて、「もういいや」って感じで加熱をやめました。

仕上げは、どんぶりのごはんに漬け込んだポキを乗せて、タレも少々ごはんにかけちゃいます。
そこにネギを散らして、先ほど作った熱々のガーリックオイルをにんにくと一緒にかければ完成です。

たぶん、本格的なポキの作り方とは全然違うと言う方もいると思います。
とりあえず、我が家のポキの味の原点は、ハワイで食べたマグロのスパイシーポキなのですが
レシピを聞いたわけでもないので、家にある調味料で相性のよさそうなものを適当に入れています。

お刺身の種類も気分で変えているし、この適当さで、毎回味も微妙に違っているのが飽きない理由かもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久々にポキでも 聞こえても難聴なんです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる